ハーフユニット改修工事

このユニットバスは、無機系塗料にてバスリフレッシュをしてある
ものであるが、基材の下地処理をまったくせずに塗装している
部分があるため、このように剥がれが生じている。

バスタブの底面は、吹付けの時にスプレーミストを起し、
表面のザラ付きが原因で、人体の角質が入り込みそこにカビが
発生し変色した状態。

無機系塗料をすべて削り取って新たに下地を作り直した。
側面には、クラックが入っていたのにまったく補修が施されてい
なかったので、新たにクラック補修を施した。

施工完了
戻る

Copy Right and AllRights reserved (C) 有限会社フジミケミカルコーティング