ナノフッ素・防汚コーティング

特許出願中



ナノフッ素・防汚コーティング前
上のコーティング前では、目地の汚れ、タイル表面にカルシウム、水垢等が付着し通常の清掃では除去できない。
また、油性のマジックにて書いてIPA(イソプロピルアルコール)にて拭きあげてもご覧の通り、汚れが付着したまま
である。
そこで、薬品を用いて洗浄した場合、見た目はきれいになっても、汚れがすぐに付きやすくなり、メンテが容易にでき
ないのがネック。

ナノフッ素・防汚コーティング後
まずは、目地の汚れ、タイル表面にカルシウム、水垢等を薬品にて除去する。
下地処理が終わった後、今回の工法では、目地に染色をした後、ナノフッ素・防汚コーティングの密着をよくするため、
バスルーム床タイルにバインダーを塗り、施工を施した。
清掃は通常どおりであるが、施工前と施工後の違いは一目瞭然である。
また、油性マジックで書いても容易にとることができ、束子など使用して力いっぱい擦ってもビクともしないので、安心して
掃除が出来る。
戻る

Copy Right and AllRights reserved (C) 有限会社フジミケミカルコーティング